ガリレオ 第二話 ネタバレ

ガリレオの第二話は切なかった…。

こどもが幽体離脱をしたという話は、最初から何かおかしいなとは思っていたけどね。でも最後の父親を一生懸命かばう姿には涙が出そうになったよ。

どうしてあそこまでできるの?どうしてあそこまでするの?自分の可愛い息子がどんなに苦しんでいるのかわかんないの?

第二話のガリレオでは、色々考えさせられるものがあった。嘘をつくこどもの心は絶対すごく痛かったよ。

そして湯川(福山雅治)の言うことには共感した!信じていたものが偽りだったときの衝撃、ショック、絶望。こどものうちってまだそういうのを受け止め切れないんだよね。

それをきっかけにオカルト的なものを信じなくなったという湯川(福山雅治)の気持ち、すごくよくわかる。湯川(福山雅治)じゃなくても、誰でもそうなんじゃないかな?月9ガリレオを見て、こどもの頃の気持ちを思い出したよ。

湯川(福山雅治)がこどもに接すると蕁麻疹が出るっていうのは、湯川(福山雅治)の過去に何かあるのかな。東野圭吾さんの作品は大好きで大抵のものは読んでるけど、ガリレオはまだ読んだことがないから、今後の展開が楽しみ!

ガリレオを読もうとも思ったけど、ガリレオドラマ化、しかも月9だってことで、ドラマを見終わってから東野圭吾さんの原作ガリレオを読んでもみようかと思います☆

ガリレオは久々の月9ドラマのヒット!私の中ではね。最近の月9ドラマの中で、ガリレオは一番好き(・∀・)

次回のガリレオは10月29日の放送。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。